ファミリーキャンプの始め方その3 ~キャンプ場の探し方(お出かけでキャンプ場の下見に)~

お出かけ

 こんにちわ♪家族de妻です。
 今回は、我が家のキャンプ場の探し方を紹介してみようと思います。
 なぜ、私がこの記事を書いたかというと、実は私はキャンプが大の苦手だからなのです。
 そんな私の目線から見た、キャンプ場の探し方を記事にしてみたいと思います。

1.先に「キャンプ場に求める条件」を考えてみよう。

 キャンプ場を家族で探すにあたり、キャンプ場に求める条件について家族全員である程度確認しておくと、探しやすくなります
 家族のメンバーによっては、「バリアフリーのトイレが必要!」、「遊具が必要!」、「近くでオムツが買えないと困る~」等々、色々あるかと思います。
 色々と注文を付ける私ですが、なぜなら子どもを中心に考えているからこそです。
 野外での活動であるからこそ、安全を第一に考え、家族全員無事生還する事が大切だと思います。
 しかし、キャンプが苦手の私が、それでもファミリーキャンプに参加する最大の理由は、
「子育てにいい」
からです。
我が家の場合、次のような条件が出てきます。

①子どもが小さいうちはできるだけ自宅から近いキャンプ場を探す
②近隣、またはキャンプ場敷地内に子どもが遊べる施設又は遊具がある。
③オートサイトで、車での荷物搬送が可能なところ。

 このような条件を夫婦で共有しておくと、共通理解をもってキャンプ場を探すことができます。
さらに、私個人の要望として先ほど書いたようなことがプラスされてくると、理想のキャンプ場に近づいていきますが、あまり条件をいうとそんなキャンプ場あるか!!とケンカになるので家族de夫のロマンも聞き入れて探します。(家族de夫には結構たくさんの条件を聞いてもらい申し訳ありませんが・・・。)

 まぁ、これは我が家の一例ですが、失敗から学んでたどり着いた結果ともいえます。(;´・ω・)

 これからキャンプ場を探すぞ!と思ったら、買ってきたキャンプ場雑誌に自分のいきたい所ばかりに付箋を貼らず、みんなでいくつか条件を出し合い、みんながここにいってみたいと思うキャンプ場から下見にいくと良いかと思います♪

2.家族のお出かけで下見しよう。

 我が家が必ずするのがキャンプ場の下見です。
 なぜなら私(家族de妻)は、冒頭でも書いた通り、キャンプが大の苦手なのです!
ですから、
「ここなら泊れる!」
という場所でないと、「キャンプするの嫌っ!!もう帰る!!」となってしまうのです。
 私の注文事項は実に多く、一部紹介すると・・・
・オートサイトがいい。
・水場やトイレは近くて、きれいな所がいい。
・管理人は常駐がいい。
・水辺が近いのは嫌(カエルが苦手)
・サイトは、芝生できれいに整備されているところがいい。
・夜は静かな方がいい。
・近くにカフェか温泉があるとうれしい♪
・近くに遊具があって、子どもが遊べるところが良い。

などなど、実に厳しいラインナップとなっております!( ̄▽ ̄)
家族de夫からは、よく「ふざけんな!」と言われております。)
 しかし、誰に何と言われようと、これは仕方ないのです。
(だって、不安で眠れないんだもん・・・。)テントに小さい鍵をつけてみたり…。
しか~し!その分、我が家がチョイスしたキャンプ場は、かなりの部分で初心者向けになっていて、キャンプ場の紹介でもよく掲載されていますから、かなりおすすめですよ~。
 私でも泊まれるくらいですからね。
(これらのキャンプ場については、後日紹介していきたいと思います。)
 
・・・と、いうわけで、キャンプ初心者ならびに、家族にキャンプに苦手意識がある方がいるのであれば、まずはみんなでお出かけ&下見がおすすめです♪
 下見なら費用的にも安いし、家族のお出かけ先で悩むこともなくなりますよ♪
 キャンプ場って意外と多いですから、最初に○○に行って→そのあと✖✖の遊具で遊んで→△△で昼食を食べて→□□の温泉に寄って・・・って感じで楽しい家族のお出かけになること間違いなしです!! 

3.まとめ

 キャンプ場の探し方としては

1.先に「キャンプ場に求める条件」を考えてみよう。

2.家族のお出かけで下見しよう。

ということを書かせていただきました。
 キャンプ場探しも楽しい時間です。
 色々と探して、マイベストなキャンプ場を見つけてみてください♪

↓ランキング参加しました。押してくれると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました