我が家のキャンプ道具紹介「クーラーボックス」~選ぶとき容量よりも大切なこと~

お出かけ
スポンサーリンク
家族de妻
家族de妻

今回は、我が家が選んだクーラーボックスの紹介です。

クーラーボックス選びで容量よりも大切なこととは?

クーラーボックス選びで悩んでいる方の参考になればと思います。

クーラーボックスには、ちょっとこだわって選んだ家族de妻です♪

ファミリーキャンプでは必須アイテムともいえるクーラーボックス!

基本頑丈なアイテムですから、一度買うと、買い替えることはあまりないのではないでしょうか?

家の中で場所は取るくせに、使用頻度は低くなりがちなアイテムです。

できれば慎重に選びたいですよね。

家族de妻としても、色々と悩んで選びました。

自画自賛ではありますが、5年以上使って、後悔したことはほとんどないので、良いチョイスだったなと思っています。

「家族で使うクーラーボックス、どーしよう・・・」( ̄ヘ ̄;)ウーン

と悩んでいる方!

多分、参考になると思うので、一読いただけたらと思います!

1.我が家が選んだクーラーボックス

我が家が、選んだクーラーボックスは、ズバリこれ↓です。

IGLOOのクーラーボックス 

マリーンブリーズウルトラ28ROLLER

マリーンウルトラ30

です。

2.選んだポイント

クーラーボックスを選ぶにあたり、まずはどんなクーラーボックスがいいか家族で意見を出し合いました。

その結果、家族deファミリーの場合、次のようなポイントが見えてきました。

①大型1個よりも小型2個で!(そして、キャスター付きで!)

ファミリーキャンプとなると、当然大容量が必要です。

家族が増えれば増えるほど、必要な容量は増えてくるでしょう。

そんなことは、わかっていますが・・・、それでもあえて、言わせてもらいます。

大容量が必要だろうがなんだろうが、力の弱い家族de妻でも持ち運べるという事が必須条件です!

大きいのは即刻却下させていただきました!

だって、クーラーボックスってキャンプだけで使うわけではありません。

子どもたちの運動会や、遠足、ママ友同士のちょっとしたお出かけにも活躍します。

ですから、女性一人でも運べるという点は、きわめて重要な選別ポイントとなります。

そして、ここでもう1つ重要なポイントが

キャスターがついている

ということです。

女性一人でも、キャスターを利用して比較的楽に運べるということが重要なわけです。

我が家が購入したiglooのキャスター付きクーラーボックスはこんな感じです↓

サイズは、28Lと家族de妻としては、

「まだまだ重たい!」

というのが正直なところなのですが、キャスターがついているので、非力な私でも簡単に運ぶことが可能です。

持ち手は、伸び縮み可能なので、スーツケースのような感じで運ぶことができます。

これなら、

「運動会、パパが仕事で忙しくて、万が一来られなくても、女性だけで運べるわ♪」

となるわけです。(ホントは避けたいですけどね・・・。)

これって、女性目線で考えたときに重要だと思いませんか?

ただ、宿泊キャンプとなると、このサイズでは心もとない・・・。

というわけで、2個購入が、おススメです!

1つは、車内に持ち込んで、飲み物やアイスを入れる。

もう1つは、食材を入れて後ろの荷台へ・・・という使い方がとても便利です♪

お出かけや日帰り旅行の時は1個、宿泊キャンプの時は2個、というふうに使い分けもできます!

②容量が何Lとかよりも・・・ペットボトルが縦に入るやつで!

で、具体的にどれくらいの容量が良いかという事になりますが・・・。

正直言うと容量よりも重要な点があります。

それは、

1.5Lのペットボトルが縦に入るかどうか

ということです。

これはもう、必須条件と言っても良いと思います。

いくら小型でも、1.5Lのペットボトルが縦に入らないのだとしたら、使いずらいことこの上ないですからね。

特に、夏場のキャンプともなると、想像以上にのどが渇きます!

氷を満たしたマイボトルに水分補給用の2Lスポーツドリンクを携帯しておくだけでなんと節約になることか!

容量も重要かもしれませんが、

ペットボトルが縦に入らなければ意味がないといっても過言ではない!

かと思われます。

ちなみに、我が家の場合はこんな感じです。↓

これなら、出し入れ簡単で、水筒の補充もらくちんです♪

③車の助手席や足元におけるサイズで!

これも、容量がどうこうよりも・・・というお話ですね。

要するに、ここに、こうやって置けるという事です!↓

で、こう!↓

これ、すごくいいですよ~~!(*´ω`*)

チャイルドシートの足元に置けるという事が重要です。

後ろの荷台からいちいち出し入れすると大変ですからね。

車内で冷たい飲み物やアイスがすぐに補充できるというのがいいわけです。

④ピッタリサイズの保冷剤があるやつで!

最後は、保冷材の話です。

これは、何でもいい気もしますが、評判が良いので、我が家はLOGOSの保冷剤を使っています。

倍速凍結・氷点下パックL 81660641
ササキギフト シロとクロ
¥ 1,188(2021/05/04 23:34時点)

これ、ホントに最初は氷点下!

0℃以下になります。

以前運動会に持って行ったアイスが、昼食べたらカチンコチンでした。

しっかり冷やしてくれるので、お気に入りの保冷剤です。

災害時緊急時にも役に立ちそうなので、何個か冷凍庫に常設してもいいくらいのアイテムだと思います。

で、この保冷剤が、このiglooのクーラーボックスにピッタリなんですよ!↓

ね!

立てても寝かせてもぴったり!

先ほどのペットボトルの写真のように、仕切りとして入れるのもOKです。

ちなみに、このピッタリ感が味わえるのは、マリーンウルトラ30の方だけです。

もう1つのマリーンブリーズウルトラ28ROLLERの方は、キャスターがある分底が斜めになっているので、保冷剤が若干斜めになってしまいます。↓

まっ、若干ですけどね・・・。

私はあんまり気にならないのですが、DIY好きの家族de夫は、気になるそうです。

家族de夫
家族de夫

DIYの醍醐味はぴったりフィット!

ピッタリが気になる方は、30の方を買うのをお勧めします!

家族de妻
家族de妻

キャスターついている28の方が、私は運びやすいと思うんだけどなぁ・・・。

いずれにせよ、ピッタリくる保冷剤があるということは、重要なポイントであると思われます。

3.しかもこれ、スタッキングできる!

そんな理由から選んだiglooのクーラーボックスですが、なんとこの2つ、スタッキングできます!

じゃーん!↓

これ、素晴らしくないですか?

キャスターでガラガラと運べるので、女性一人でも2個同時に運ぶことが可能です。

見た目にも白が基調でかわいいし♪

うーん、これにしてよかったとしみじみ感じています。

4.まとめ

「結局・・・容量は?」

と言われそうですが、結論から言うと多分容量は・・・

どうでもいいです!Σ(゚д゚lll)

まぁ、どうでもいいは言い過ぎかもしれませんが、でも多分どうでもいい。(笑)

冷蔵庫だって、家の個々におけるサイズとか、ここにこれが入るやつ!とかで選ぶじゃないですか。

クーラーボックスもたぶん似たようなもので、使い勝手の方が優先順位は圧倒的に上だと思います。

実際に、どんな場面でどんな風に使うかという事を考えながら選ぶのがいいんじゃないかなと思います♪

 

↓ランキング参加しました。押してくれると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました