子どもと遊ぶネタ② kitpasで窓にお絵かき&窓掃除♪

子育て
スポンサーリンク

こんにちは!家族de妻です♪

今回は、窓にお絵かきができちゃうアイテム

kitpas

をご紹介します。

キットパス キットパスミディアム 16色 KM-16C
工具ランド いたわり館
¥ 957(2019/09/30 22:21時点)

窓に何回でもお絵描き出来て、さっと消せて、最後に窓掃除までできちゃう素敵なアイテムです。

お風呂でも使えるそうなので、1セット家にあると、楽しいと思いますよ。

1.kitpassについて

第18回日本文具大賞機能部門グランプリを受賞した「キットパスきっず」がリニューアルされた商品が「kitpas」です。

パッケージを見ると外国の商品っぽい印象を受けますが、日本理化学工業株式会社が出している国産品(Made in Japan)です。

写真A
写真B
写真C

箱をとめるゴムがついているのがナイスですね。(写真A)

私が購入したのは16色のタイプです(写真B)

見た感じは、クレヨンそっくりですね。

箱の裏面には、商品の特徴や注意書きがあります。(写真C)

簡単に紹介すると

・窓ガラスにお絵かき(ガラスやホワイトボードにかけてさっと消せます。)
・画用紙にもお絵かき
・水で溶かして絵の具に
・子どもにも安心安全(口紅などと同じ主原料だそうです。)

といった感じです。

ほかにも、口に入れないようにとか、凹凸のある面に書くとけせなくなる場合があるなどなどが書かれています。

2.窓ガラスにお絵かき!スイスイかけて本当にさっと消せる!

 以下が、実際に子どもとお絵かきをしたときの写真です。

スイスイ線が描ける
写真D
さっと消せる
写真E

3歳の娘でも、はっきりとした線が描けます。(写真D)

そして濡れぞうきんでさっとふけば本当に簡単に線が消せます。(写真E)

さらにすごいのは拭いたばかりのガラス面であっても、すぐにお絵かきができることです。

多少濡れている程度では、さほど影響されません。これはすごい!\(◎o◎)/!

写真F
写真G
写真H

窓を使って迷路もしてみました。

最初にスタートゴール赤丸青丸で決めます。(写真F)

次に、親が迷路を描いてあげて、迷路をさせます。(写真G)

窓の面積いっぱいを使った迷路も楽しいですよ。(写真H)

3.最後はお掃除でフィニッシュ!

お絵かきをした後は、窓掃除をしてきれいにしましょう。

まどを濡れぞうきんできれいに拭いた後、スクイージーでさっと水をおとせばピカピカです。

写真I
写真J
写真K

使うときは、ぞうきんとバケツを用意しておきましょう。(写真I)

窓を拭いたぞうきんは、水につけておくだけでそれなりにきれいになりますよ。

繰り返し何回でも拭けます。

スクイージーは、上から下にすっとおろしていくように使います。(写真J)

子どもに手を添えていっしょにするのもいいですね。

お掃除の研修で聞いたのですが、スクイージーは一回一回拭くそうです。(写真K)

こうすると、水の跡が残らず窓がきれいになるそうです。(By家族de夫

※ちなみにスクイージーを拭いている手は家族de夫の手です♪

4.注意事項

注意してほしいのは

ガラスに描いた絵をしばらくほっておかない!!

ことです。

ガラスに絵を描いているとたまに傑作ができてしまうことがあります。

で、傑作だから

「これはしばらくとっておこう!」

ってことになります。

はい、私もそうでした。

で、ほっておくと、あとで大変なことになります。


しばらくほっておいたお絵かき。水だけでは消えず、ガラスクリーナーでこすることになりました。

上記の写真は、しばらくほっておいたために消えにくくなってしまったお絵かきです。

水だけでは当然消えず、ガラスクリーナーなどをつかってごしごし消しました。

あとで、調べたところによるとメラミンスポンジなんかでこすると消えるそうですが、できればこうなることは避けたいですね。

書いたらすぐ消して、窓掃除してきれいにする!!

これが一番だと思います。

5.まとめ

kitpas」いかがでしょうか?

これがあれば、普段のお絵描きはもちろん、大掃除の窓ふきのときにも子どもを遊ばせながら楽しく取り組めると思います。

下の窓でお絵かきさせている間に、親が上の窓をきれいにして最後に、子どもと一緒に下の窓をきれいにするといった感じですかね。

値段もそんなに高くないので、家に1セットあってもいいかなーと感じる1品です♪

キットパス キットパスミディアム 16色 KM-16C
工具ランド いたわり館
¥ 957(2019/09/30 22:21時点)

↓ランキング参加しました。押してくれると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました